berlin cafe and more

Click an image, and you will see it large!

新年のご挨拶

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。

この新年はわが家の若輩者にも一席をもうけ、長女が生まれて以来、ざっくばらんなわが家の唯一の伝統となっているおせちを楽しみました。正確には「楽しんだ」というよりも、「(おせちに)なんとかありつけた!」といえるかもしれませんが...(この写真を撮ったあとのドタバタはご想像にお任せします)。

この年末から年始にかけてはわが家に数名のお客様方がいらして、とても楽しくにぎやかでした。息子は随分しっかり歩けるようになったこともあり、ゆっくり昨年を振り返ることもなく、気がつくと年が明けていた感じですが、時間を忘れてしまうくらいの楽しい日々を過ごさせて頂き、なんと幸せなことかと思っています。今年もいろいろな方とのご縁を大切に、そして日々を丁寧に過ごしていきたいと思っています。

自分の不手際もあって、滑り込みセーフで突っ込んできた感のあるこの元旦でしたが、それでも、時間と時間の谷間にひとり静かに過ごした瞬間はありました。そのほんの十数分の間に「家族」と「自由」という言葉が頭に浮かんできました。今年は家族を(よりいっそう!)大切にし、その上で創作活動のほうにも制限をかけずに自由な発想で楽しんでいきたいなあと。いまさらですが、私にとっては家族が無事であっての自由であり、また自由を楽しめるのは家族の存在があってこそ、ということをふと感じた元旦でした(この年末年始、オペラにコンサート、カフェ巡りにと随分自由を謳歌させてもらいましたので、年始くらいはしおらしく...)

人生の節目である年末年始、みなさんも、それぞれの場所で、いろいろと感じられたことでしょう。どうかご自分の心の言葉に素直に、2012年がみなさんの思い描く通りのステキな一年となりますよう、そして一杯でも多くのおいしいコーヒーに出会えることを願って...

A Happy New Year 2012 to all!!

comment

by YOKO (06.Jan.2012 / 03:57)

Ayaさん、明けましておめでとうございます。
今年もベルリンカフェ、楽しみにしています。
いつもながら、ドイツにいらっしゃるとは思えないお正月のお膳ですね。
日本にいる私の方が「どこの国?」という感じかもしれません。
今年はそれでも独身最後ということで我儘を言って実家にこもっていたので、母が用意したそれなりにお正月らしい飾り付けでしたが、来年からはどうなることやら・・(笑)。

2012年もAyaさんとご家族にとって素晴らしい年になりますよう、祈っています。

by aya (06.Jan.2012 / 13:55)

Yokoさん、

明けましておめでとうございます!

ご実家での「独身最後」のお正月! 嬉しいような寂しいような、って感じだったのではないでしょうか。人生の門出はいつだって輝かしいもの。今を存分に楽しんでね。考えることよりも、まず楽しむこと!(老婆心より経験者語る)


わが家のお節の伝統は、実際には結婚3年目からはじまったものなんですよ。それまではドイツ流に持ち寄り&花火、みたいな感じで楽してました。それでもここがドイツだから半分意地になって?作っているくらいで、日本でしたらイマドキの(美味しくて安いと聞いてます)コンビニおせちを注文していたかもしれません。


今年はおせちの縮小要請が来たので、海老を省略しこじんまりとしたお膳としましたが、その分丁寧に作れたし、限られた食材でいかにおいしそうに見せるかって工夫するのも楽しいもの(詐欺?)。でも一番大切なのは家族が一つ屋根の下テーブルを囲むことだと思っているから、何を食べてても楽しいんですけどね(家族もそう思ってるからお節はまあ、自己満足ね)。


2012年がおふたりにとって最高のスタートの年になることを願ってますね!
また写真送ってください!!
(私のも送りますね、というか、オメメの・・・笑)