berlin cafe and more

Click an image, and you will see it large!

「ジュンさんのカルボナーラ」

ときどきお邪魔して
ごちそうになっている
料理人ジュンさんの
おいしいカルボナーラ。
本職は料理人ではないのだが・・・
それはさておき。

聞くところによると
これは本場イタリアのレシピとか。
クリームも、バターも不使用で、
主な材料は卵とベーコンだけ。
ところがこれが驚くほどおいしい。

しかも、ただおいしいだけでなくて、
見た目もよろしく、調理も超シンプルなのである。

したがって、キッチンでおしゃべりしている間、
あっという間にできてしまう。
というか、ささっと手際よく作るのがコツといえば
コツなのか。

写真はさきほどわが家のお昼に再現した
この「ジュンさんのカルボナーラ」。

ベルリンはこのところ秋が板についてきており、
めっきり寒くなってきた。
なんとなくこれが食べたくなって
(冷蔵庫が寂しかったのもあるが)
思い立って作ってみたところ、
こってり派の夫は喜びもひとしおであった。
経済的な上に、家庭円満にも役立つ
有能レシピである。

「ジュンさんのカルボナーラ」作り方

①大鍋でスパゲッティーをゆでつつ
(岩塩があるとなおよし)

②たっぷりとオリーブオイルを注いだフライパンの中に
みじん切りのにんにくをいれてから火をつけ
じっくり炒めながら、香りを出す。
(→これは夫から習った重要なポイント。
ここで味に深みが出てきます!)

③薄切りのベーコンをひとくち大に切り、
(わが家はあまっていたセラノハムを利用)
それを②の中に入れて、軽く炒めながら
(炒めすぎると硬くなってしまうので注意)
塩コショウで味付け(ベーコンの塩気も考慮する)

④茹で上がったスパゲティーのお湯を切り、
ボールに入れて、その上にあつあつの②と、
生卵(わが家ではひとりあたり一個)を入れて手早く混ぜる。

⑤お好みで、パルメザンなどのチーズを削ったり、
パセリをちらしたりしてできあがり。

という、忙しい人には特にありがたい、
手軽で、おいしくて、失敗のないレシピ。

ぜひお試しを!


comment