berlin cafe and more

Click an image, and you will see it large!

夫がドイツにくると決めた理由

それはこれ。
ドイツのカフェの朝食。
当時ローマに住んでいた彼は、
これはイタリアにはない!と大喜びだった。

そんなドイツの朝食には
いまだ私も慣れる事はない。
つまり、いまだに新鮮で楽しく目に映るのだ。
そして、この超シンプルでいて、
美しいプレートをみるにつけ、
食の豊かさ、という言葉の意味についても、
あらためて考えさせられる。

週末の朝、まだ空気も気持ちもさわやかなうちに
キャンドルライトのゆれる木のテーブルを囲み
こんな朝食をとるときが、
カフェで一番好きな時間である。
それはドイツに来て14年が経とうとしている今も
全くかわらない。

写真は二人用の朝食プレート。
ベルリンに来た当初、
つまり約7年前に初めて入って以来
今も変わらずこのカフェの、
このプレートが一番のお気に入り。

それは、これからもずっとかわらないと思う。
そんな風に思えるものは少ないから、
それだけで幸せかもしれない。
好きなものが近くにあるというだけでも。
(このところ、ずいぶん行ってないけれど...)

今日のベルリンは16度。
ドイツの秋、つまりカフェの季節到来。
これからますます寒くなっていくけれど
カフェでゆっくり取れる
こんな週末の朝食があるかぎり
心あたたかく過ごせるからだいじょうぶ。


comment

  • 30.Aug.2011
  • by aya
  • comment(0)