berlin cafe and more

Click an image, and you will see it large!

楽しい怒涛の嵐の日々

面白い嵐のような日々を過ごしている。
それは楽しい怒涛の日々ともいえるかもしれない。
日本語がおかしくなっているわけではなくて、
ここしばらく、こういう微妙な思いの中にいるのである。

昔からいろいろと誤解されやすい性格であった。
そしてそんな誤解を解くのが面倒くさい性格である。
わかってくれる人がわかってくれたいいと。
それではいけないと思うこともあるし、
時折伝える努力はしたいと思っている。

先日ロンドンに行ってきた。
こののん気な写真からは自分でも信じがたいが
精を出して働いてきたつもりである。
少なくとも足がちぎれるほど歩き、
途中、写真を撮るのを自分に休ませるために
目をつぶって移動しなければならないほど
際限なく撮り続けてしまった。例のごとく。

さて、短い取材だったが、
一仕事終えてわが家に帰ってみると
なんと引き出しに見たこともない女性ものの下着が・・・

と思いきや、よく見ると
白い自分の下着が黒くなっていただけだった。
黒いものと一緒に洗って色が移ってしまったのだろう。
のどかな事件であった。(この表現も少し違和感あり)

原稿を書き上げ送付したばかりの今、
なんでもないことを適当に書いてしまいたくなった。
ご勘弁を。

comment