berlin cafe and more

Click an image, and you will see it large!

今日も。

「書くことは、あきらめること」
といった作家がいたが、つくづくその通りだと思う。
10年以上も前か、夫もあるとき、
似たようなことを言っていた。
言葉を口にしたとたん、それは本当の思いではなくなると。

表現とは、むずかしいものだ。
さまざまな思いや現象を、
努力してなんとか「ことば」という
共通表現の形に落とし込む。
あるいは絵の中に、あるいは写真や建築に、
思いを吹き込む。

しかし、それは正しく伝わっていくのだろうか。
誤解されて伝わるかもしれないし、
実は何も伝えられないかもしれない。

それでも人は、だれしもが何かを通じて
自分を表現せずにはいられない生き物だと思う。
人によっては料理を通してであるかもしれないし、
だれかへの愛情のなかであるかもしれない。
場合によっては、憎しみや、悲しみだって、
自己表現になるし、立派な芸術作品になる。

発信した思いが、その主の真意とは関係なく
一人歩きしはじめることもあるし、
実際の思い以上に大きくなることも、
小さくしぼんでいくこともある。

書くことってむずかしいなあ、と思いつつ、
自由で楽しいなあ、と感嘆しつつ、
今日もまた、少しずつ、書いている。

comment

by yoko (18.Jun.2010 / 04:35)

表現するって難しいですよね。
自分と感覚似が似ている人はいても、全く同じなんてありえないから。
言葉って絵画などに比べたらまだ正確に伝わるものだと思っていましたけど、実はそうじゃないんですよね。
一つの単語に色んな意味があるし、それぞれの生きてきたバックグラウンドによっても取り方は変わるのでしょうし。

そんな言葉や表現することをお仕事にされているって難しいでしょうけど、やはり素敵だな、って思います。
特にAYAさんの文章は大阪で一緒に働いているときから好きでしたから。

ダイアリーや写真、楽しみにしていますね。

by aya (18.Jun.2010 / 07:43)

yokoさん、

ありがとう(涙)

私にとっては、この言葉たち、
愛の告白よりうれしかったりします。
実はね、今日は奇しくも誕生日。

昨日はひとつの節目が終わろうとしている日で、
書くことについて思わず振り返ってしまっていました。
それを記して一日を閉じて、しばらくしたら日付が変わってた…
生まれて初めて、最初の「おめでとう。ありがとう」
を自分から自分に言ってみたら、
(夫も娘もすでに夢の中…)
不思議なことに、すごく晴れやかな気持ちになって、
いつもよりぐっすり眠れました。
そんな翌朝に、こんなキュートなコメントをもらって、
とっても幸せ。

おたがいに、悩むこととかあったとしても、
言葉や心のあり方でいくらでも彩れる日常を大切に、
素敵に年を重ねていこうね。