berlin cafe and more

Click an image, and you will see it large!

春雨の土曜日。

25度を記録した夏のような日から、数日後の今日。
日中の気温が8度という寒い日が舞い戻ってきた。

覚悟を決めて冬物をひっぱりだし、コートを羽織って娘と散歩に出かける。行き先は、一駅向こうにできたらしいという住宅街の中にあるキンダーカフェ(こどもカフェ)。運動不足解消にと電車を使わず徒歩で行く。

雨の中、こどもの宿題を一杯つめたかばんを抱え、重いコートを引きずって、傘を差しながら歩いていると、徐々に雨がきつくなってきた。しかし、いつまでたってもそれらしきカフェは見当たらない。どこを歩いても普通のアパートばかり。どうやら見知らぬ住宅街に迷い込んでしまったようだ。どうしようとあせっていると、向こうの角地の庭の緑の合間から、赤いパラソルが見え隠れしている。近くに行ってみるとカフェであった。当初目的としていたカフェではないけれど、この際、雨宿りできれば万々歳。

そうして偶然出会ったのがこの「KAF`fee」という名のカフェ。コーヒー(Kaffee)と、コーヒー(Kaffee)の妖精(fee)をかけたネーミングをもつ、セルフサービスのカフェである。たくさんの手作りケーキがショーケースを飾り、近所の人がひっきりなしにやってくる。写真のかばんをかけた男性は、ベビーカー同伴。というか、パパ同伴のお子様ご来店というべきか。

パステル調の気取りのない手作り風の内装は、こんな重くて暗い雨の日にぴったりである。徐々に人々の話し声も活気を帯びてくるというものだ。それでも、変わらず落ち着いた空気が流れているのはきっと、カウンターに組み込まれたどっしりとしたアンティーク家具の仕業に違いない。

KAF`fee
Hackerstrasse 1
12161 Berlin
Tel 7060 4035
Mon-Fri 7:00 - 20:00
Sat/Sun/Holidays 09:00 - 20:00



comment

  • 16.May.2010
  • by aya
  • comment(0)