berlin cafe and more

Click an image, and you will see it large!

たくさんある、ドイツの庭。

Wintergarten
Kindergarten
Biergarten

森の国ドイツにはGarten(庭)がついた言葉が
たくさんある。

●Wintergarten(冬の庭)は、現在のTOPページで説明の通り。
太陽の恩恵を受け、光にあふれ、
観葉植物がよく育つガラス張りのバルコニーをさす。
ドイツ人なら、ここでコーヒーを楽しむことを
誰しもがあこがれる、そんな場所。

●Kindergarten(キンダーガルテン)は、
その名がそのまま英語となり、
現在、世界に広まっている「幼稚園」。
直訳すると「こどもの庭」。
花壇と砂場があり、花を育て、砂で遊びながら
こどもが、植物のようにすくすく育つ庭。
そんな願いがこめられた幼稚園は、
実はドイツが発祥の地。

●Biergarten
説明不要の「ビアガーデン」。
緑地公園に併設のビアガーデンはとても気持ちいい。
ドイツで、最も気持ちのよい場所のひとつといってもいい。
レストランの横の空き地や、カフェの軒下など、
緑がなくても「ビールの庭」に様変わりする空間も多い。
あたたかくなり、あちらこちらで、それぞれに工夫した
期間限定ビアガーデンをみつけると、
とうとう夏が来た、となんとなく気持ちが華やぐ。
ドイツの初夏の風物詩。

ドイツでは、Gartenは「庭」以上の意味を持っている、
そんな気がする。
人が、自然(外気)とともに、育まれる場所、というような。
または、人の精神が。

そんなことをふと思いついたが、
ただ気持ちいいから、庭が好き。
居心地のよい場所に、囲いをつける。
ただ、それだけのことかもしれない。

さて、今年も存分に満喫したいビアガーデン。
アルコールは飲めないけれど、ドイツでは大丈夫。
ドイツのビアガーデンは、こどもからお年寄りまで
誰もが気軽に立ち寄れる、夏の行楽地。
ひとりで新聞を読みながら、
遅い朝食をとることもできる。

ビールとソーセージはもちろん、
コーヒーから、ケーキまで楽しめる。
ドイツのビアガーデンは守備範囲が広く、
ドイツでは数少ない、一大娯楽のひとつ。

comment

by noriko (08.May.2009 / 06:31)

アヤさんこんにちは^^
日本での滞在いかがでしたか?

そうですね、私も短大でドイツ教育について調べた事があり、幼稚園はドイツ発祥ですよね。「子供の庭」だなんてなんて素敵なんだろう、って思いました。
ドイツには色々なgartenがありますね。

by aya (09.May.2009 / 02:33)

Norikoさん、

ドイツの教育についてよくご存知なのですね。私はドイツにきて、しかもこどもができて幼稚園に行くようになって初めて、日本の文献で知ったんですよ。

ささいなことでも、知らないことがひとつわかると、それだけでなんだか、楽しいですね。そして、それをこうして共有したり、共感できるのが、日々の喜びです。コメント、どうもありがとうございます。