berlin cafe and more

Click an image, and you will see it large!

Jugendstil-Hallenbad in Steglitz

あれれ。もしかして、日を間違えてた?
お芝居は今日じゃないのか。
なんだ残念。
今日はイベントなし、か。

でも、せっかく市民プールに来たのだから、ちらっと中の様子をのぞかせてもらいたい。ここ2年ほどの間、来る度ごとにみごとに閉まっていて泳げなかったのだから。今日は見学して、雰囲気がよければこれから運動不足解消に娘と通ってもいい。サウナやジャグジーが付いた温泉プールは高くって、そうそういけないし。

あの、すみません。ちょっとプールを見学させてもらえませんか。どれくらいの深さなのかとか、雰囲気などみたいもので。ちらっとのぞかせてもらえるだけで結構です。

え、今日はだめ?水が抜いてあるんですか。じゃあ、来週水が入っている時でも ― はあ。来週も水はない?じゃあいつだったら水があるんですか。なんですって、ずっと水がない...?!

お芝居の日と勘違いして、あわてて走ってきた。行き場をなくしたこころと体にブルーのタイルがひんやり。水のないプールに併設の水のないプール風カフェでしばしクールダウン。

いきさつはこのようである。

昔は街のひとつのシンボルでもあった市民プールが経営難で閉鎖。廃墟と化していたところ、かつてこのプールに熱心に通っていた少女が大人になって、このプールを買い取り改装。プールの形をそのまま生かしイベントホールとしてよみがえらせたのだ。

時にはブルーのライトに照らされてジャズ、時には赤いスポットライトを浴びせてタンゴのダンスホールに、お芝居や、クラシックコンサートの舞台にもなる。名前も形も昔のプールそのまま。しかし水だけがない。プールだが、プールでない、プールであった。

帰り道の空はすっかり秋の雲に覆われていた。
www.tangoundtexte.de.vu(パートナー募集!といっても決して怪しいモノではありません。必見。)

  • 03.Apr.2009
  • by aya